ブログパーツ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 8

windows_vista_logo_2.jpg


マイクロソフトがWindows 8で128bit版を開発しているとの情報

128bit版って高性能すぎじゃね

いくらになるのでしょうかね!?

最新 OS となる『Windows 7』を10月に発売したばかりの Microsoft だが、すでに一部のパートナー企業に対し、2012年前後をめどとする次のメジャーリリースの予定を記したロードマップの提供を始めているようだ。

Stephen Chapman 氏が運営する Blog、Microsoft Kitchen (旧称「UX Evangelist」) の投稿記事によると、17日から19日にかけてロサンゼルスで開催された Microsoft の開発者向けカンファレンス『Professional Developers Conference 2009』(PDC09) における非公開のプレゼンテーションで、この話が持ち上がったという。

この件の証拠として Microsoft Kitchen に投稿された2枚のスライドには、「Windows 8」というコード名が付いたプロジェクトと『Windows Server』のロードマップが表示され、両方に「メジャーリリース」との文字が見える。この2つの OS は大部分が同じコードで構成されているため、よく似たスケジュールが組まれるのは当然といえる。

さらに、Microsoft は数年前から、Windows と Windows Server のメジャー/マイナーリリースを交互に行うスケジュールに移行すると説明している。同社では、マイナーリリースは2年ごと、メジャーリリースはおおむね3年ごとに行なうとしていた。

このタイムテーブルに照らし合わせると、『Windows Vista』が販売されてから3年を待たずに登場した Windows 7 は、Vista の問題点を解消するためのマイナーリリースであるというのが、一般的な認識となる。

しかしながら、Microsoft はこれまでのところ、少なくとも公式には、今のところ将来のバージョンに関する発言をしていない。

「われわれは現在、Windows 7 の販売と、同製品が顧客に提供する価値を周知することにのみ注力しており、現時点で『Windows 8』に関して言えることはない」と Microsoft の広報担当者は取材に対する Eメールに記している。



引用サイト : japan.internet.com

高性能になればなるほど値段がUP!!

新しい情報が出たら掲載します^^
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kenta0405.blog119.fc2.com/tb.php/297-a6b9b1f6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。