ブログパーツ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Goggles





Googleが新検索サービス Google Gogglesを開始しました。冗談のような名称の「Goggles」は携帯写真を使ったビジュアルサーチ / 画像認識検索サービス。使い方はこのうえなくシンプルで、知りたいものをGogglesアプリでカメラに収めるだけ。たとえば本の表紙を撮ればその作品名が、建造物ならば場所・施設名が、ロゴやパッケージなら製品名につながるといった調子です。

また画像中のテキスト認識により、名刺を撮影して氏名・役職などをアドレス帳へ収めるといったことも可能。さらにGPSと連動して、街中で携帯をかざせば目の前のお店やサービス・建造物名が携帯の画面上でリアルタイムにオーバーレイ表示される「Nearby Places Overlay」といった機能も備えます。

Google Gogglesは現在 Android 1.6以降対応のアプリとして、Android Marketで提供中。画像認識の難しさからGoggles向きのもの・(まだ) 不向きなものの例が挙げられており、得意なのは本・DVD・ランドマーク・ロゴ・連絡先情報・アートワーク・ビジネス(店舗)・製品・バーコード。不得手なのは動物や植物、自動車、服。要するに(従来の) 画像検索で一致する一枚絵が多数見つかるようなものは得意、形状を認識しなければならないようなものはまだ無理。このうえなく分かりやすい解説動画は続きをどうぞ。

またテキスト入力の要らない検索方法としては、従来から提供されていたモバイル向け「Google 音声検索」も日本語に対応しています。AndroidではマーケットからGoogle 音声検索で、iPhoneでは単体Googleアプリ (Google Mobile App)で探してインストール。iPhoneのGoogleアプリでは「音声検索は英語のみ対応」で米語発音が最適云々の注意書きが残っていますが、実際は日本語にも対応を開始しました。いずれの端末でも、英語で認識される場合は設定から地域 / 言語設定で日本を選択すること。こちらも続きにデモ動画を載せておきます。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kenta0405.blog119.fc2.com/tb.php/390-c7b190c4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。