ブログパーツ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代記憶技術を開発

デジタルデータを10万年以上の長期間にわたり安定的に保存可能なストレージ(記憶装置)技術を
開発したそうです

日立製作所は、デジタルデータを10万年以上の長期間にわたり安定的に保存可能なストレージ(記憶装置)技術を開発した。強度や耐熱性に優れる3センチメートル角の石英ガラス板に、4・8キロビット容量(600文字相当)のデータを書き込み、読み出すことに成功した。長期保存に向く現行の光ディスクは寿命が100年程度と言われ、高温や多湿に弱い欠点がある。デジタルデータの永久保存につながる次世代ストレージの開発に弾みがつく。
 光ファイバーの材料などに使う石英ガラスは、頑丈で耐水性に優れ、透明で可視光を通す。レーザーでガラスを加工する技術はあるが、記録したデータを読み出す技術は初めて。石英ガラスがストレージに有望な材料であることを確認した。

日刊工業新聞
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kenta0405.blog119.fc2.com/tb.php/394-4d4f38c1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。