ブログパーツ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google ChromeにMac/Linuxベータ版、エクステンション対応

chromeformac.jpg

Google ChromeにMac/Linuxベータ版、エクステンション対応しました

ネットブック向けOSとして主役デビューも準備中の Google Chromeブラウザに待望のMac 版・Linux版 ベータがリリースされました。Chromeの利点をおさらいすれば起動がやたらと早い、Googleの各種サービスをはじめスクリプトを多用したページでも快適、シンプルすっきりイン ターフェース、タブやプラグインがそれぞれ独立したプロセスで動いているため何かクラッシュしても全体を道連れにしない、重いプロセスだけ狙い撃ちで殺せ る......など。

提供が始まったベータ版は拍子抜けするほどWindows版 Chromeそのままですが、Mac版ではインターフェースの細かな挙動まで違和感なくOS Xと調和するように、またLinux版でもOSネイティブのパッケージマネージャを利用するなど各プラットフォームの流儀にちゃんとあわせています。

また「これさえあれば [ほかのブラウザ名] から乗り換える」の筆頭だった機能拡張 / Extentions対応もベータ扱いで開始されています。現時点でエクステンションが使えるのはWindows版ベータまたはLinux版ベータのみ。Firefoxのアドオンと同様にメールやメッセージ通知系・Twitter や RSSリーダーなどアプリ系・Flash / Silverlightや広告ブロック系・細かな設定いじり系などさまざまなExtentionがすでに数百種類ほど公開されています。

機能拡張といえば便利さと安定・速度のトレードオフがつきものですが、Chromeではエクステンションもまたそれぞれ独立したプロセスで走るため、挙動不審だったり重かったりする拡張を簡単に特定できるのが強みです。インストールや有効化・無効化には再起動も不要。Extentionsの数と多様性はまだFirefoxにおよびませんが、速いけどシンプルすぎて物足りないと感じていたカスタマイズ派にも再検討の価値があるアップデートです。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kenta0405.blog119.fc2.com/tb.php/401-6de12e76
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。